今回はホテル勤務の一日を書いていきます。

自分の配属されていたホテルは都内ではちょっとは知られた馬鹿デカいシティホテルで部屋数が1千を超えて一番高い部屋は一泊50万近くするっていうホント馬鹿みたいなトコでした。
kousou_hotel
そんな所の一番下っ端新入ビルメンの一日です。

まずは出勤。
こういう所のビルメンの事務所はみなさんのご想像通り地下にあります。それも地下1階なんて浅いトコじゃなく地下3階。
そこへ大体8:30位に出勤して制服に着替えてタイムカードを押します。

そして朝礼
前日の宿直班の作業リーダーが日誌を読み上げます。
エネルギー管理状況(電気・蒸気・冷水・ガスなど)ややった作業、トラブル(毎日20件くらいある)なんかを報告します。

その後は各自ホワイトボードで自分の作業予定を確認します。
巡回以外は二人一組で作業にあたります。
ココでは昼間は3組位作業をやって他の3人がトラブルに備えて待機。所長・副所長・当日責任者の班長は事務作業をやっています。あと、別に中央監視係もいました。

今回は空調機点検をやるという事で進めていきます。
1479896635315
ここでいう空調機とはエアハンドリングユニット事です。一般家庭にあるようなのはルームエアコン、事務所の天井や壁際にあるようなのはパッケージエアコンと呼びますが今回は割愛します。
走り回る


相棒は先輩なので準備は全部自分がやります。
必要工具やウエスなんかを台車に載せ、先輩と各所にある機械室へ向かいます。
午前中で5,6台の空調機を点検し終えたら事務所に戻って昼食です。最初はホテルの従業員食堂で500円で結構イイ飯をたらふく食べられましたが、そのうち移動時間が勿体なくなってコンビニで買ってきて事務所で食べるようになっていました。

そして午後はひたすら点検を7台位やって17:00位になったら引き上げて道具の片付けをした後に点検表の打ち込みをやります。
結構な数をやった気がしますがこれで10分の1も終わってません。200台を超える台数があるので気が遠くなります。

これで昼間は終わりです。
日勤勤務ならこれで帰れますが、宿直だった場合はまだまだ地獄が続きます。


次回は宿直の夜間を書いていきます。
それでは次回をお楽しみに~( ´∀`)ノ










 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村