コロナウイルス感染症の脅威、依然続きますね。
ウチの現場でも常駐先の要望で減員体制となりました。

しかし、会社は自宅執務など許してはくれません。
年休を使って休むか、以前の現場への応援かの二択にされました。

この辺り少し悩みました。
この業界、現場はシフト制のため同僚に負担を強いる年休は使いづらいものです。自分もあまり使いたくはありません。もしもの時や帰省の為に取っておきたいですしねf^^;
あ、帰省してウイルス撒き散らそうとかは考えてないですよf^^;?お盆や年末年始の帰省です(^^)b
kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo

しかし、今回は現場としては人が余ってしまう状態での年休なので同僚には負担は掛かりません。
なので今回は・・・・・と思いましたがやはり応援の方を選びました。
なんのかんのと大事な物は取っておく性質のようです自分f^^;

そういえば、ツイッターで知りましたがどこぞの建設会社がしばらく現場を閉鎖するそうですね。なかなか思いきった事をするものです。
これに関してビルメンに何か影響が出るでしょうか考えてみました。
fence_kouji
建設会社が関わるとすれば建物が竣工、使用開始してからの年次の瑕疵点検です。ちゃんと勉強してないのでいつまでやるのか知りませんが、新築したり改修工事で何年かは建物に故障や不具合が発生しても
瑕疵
という事で無料で対応してくれます。
いわば家電とかでいうところの保証期間的なものですね。


建設会社の現場が休むという事は瑕疵点検等に対応する部門も当然休むでしょうからビルメン的には予定がキャンセルされたのと一緒です。
いや別にそれが迷惑か?という事ではありません。それこそ予定がギッチギチに詰まっている現場では予定を組み直す必要がありますが、ユルい現場にはどうでもいい事でしょうね。

自分の現場的にはもう少し先なので特に心配していません。
どっちかというと、瑕疵対象でない別の物の修理や交換見積もりの為の現場調査の予定が狂う恐れがあるサブコンさんがどうなっているのかが心配な今日このごろですf^^;

どうだったでしょうか?
常駐ビルメンは客先に常駐するのが意義なので仕事を失う事はないですが「休め!」と言われると有給休暇が余っていないと辛い事になりそうです。
それでも世の中の収入の減ってしまってる人達よりは恵まれているかもしれませんね。


ではまた次回をお楽しみに~( ´∀`)ノ

ビルメンで下位系列でも働きたい方いましたら紹介しますのでコメントもいただけたらと思うのでブログでもツイッターでもご気軽にどうぞヽ(^。^)ノ



現場がわかる!電気工事入門 ー電太と学ぶ初歩の初歩ー【電子書籍】[ 電気と工事編集部 ]

現場がわかる!電気測定入門 ハカルと学ぼう!測定のキホン 宮田雄作/著


電気工事現場代理人入門 ー香取君と学ぶ施工管理のポイントー (現場がわかる!) [ 志村 満 ]





 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村