緊急事態宣言も解除されて街に人が戻り始めましたね。
自分としては電車が混み始めて通勤が面倒になりそうだなぁなんて考えています。

さて、今回は基本に戻ってビルメンに求められている事について書いてみようかなと思います。
sagyouin_woman09_question

ビルメンの業務は勿論ビルの設備の管理です。
ですが点検だけしていれば良いかというとそんな事はありません。

点検で不具合があればそれを書面にして報告し、修繕するなら協力会社と連絡をつけて手配をしなければなりません。修繕したら結果報告や費用請求や協力会社への支払いなどの計上処理を支店などと連携してやらなければいけません。
kaisya_phone_isogashii_man

他にもビルの従業員から不具合の復旧や頼まれごとをされる事もあります。
すぐに済むような簡単なものなら良いですが協力会社を呼ばないといけないレベルだと途端に面倒になります。
そういった協力会社とのやり取りや契約先、そして建物内の各部署との調整業務も主な仕事です。
job_sagyouin_helmet

そしてコンプライアンス重視のこの時勢では会社で規定している書類の整備なんかもキチンとしなければなりません。
特にビル管法に関わるものは重要です。
書類の各項目のチェックや所有者や管理者の名前、実際の点検者の所属や名前なども把握します。
img_compliance_01

消耗品や備品の発注なんかもビルメンの仕事です。
特に自分の会社で負担するのか、契約先に買ってもらう物なのかをはっきりさせておかなくては後々面倒な事になります。
もちろん、その手続きにも精通しておかなくては仕事になりません。

もしかしたら
angry_fukureru_boy
「こんな事は責任者の仕事でしょ?下っ端には関係ないじゃん」

なんて思う人もいるかも知れません。
大きな現場ならその現場の上層部が担当している事もあるでしょうが、少人数の現場ではみんなで処理していかなければ、責任者だけでは処理しきれないのは自明です。
処理しきれなければ
その責任者もイライラしてメンバーと険悪になったり、現場が破綻して結局は気楽な現場ではなくなります。
そんな事態は誰も得しませんね。

どうだったでしょうか?
作業だけしていれば良いなんて思っていた人は意外な事だったかも知れませんね。
もしかしたらそういう所もあるかも知れませんがそういう所はそれなりの待遇です。ココでいう「それなり」とはただでさえ少ない給料のビルメンのさらに最下層、最早生きていられるのが不思議な位の待遇という事なので、やっぱり人として生きられるような生活の為にはキチンとしなければいけないって事です。

ではまた次回をお楽しみに~( ´∀`)ノ

ビルメンで下位系列でも働きたい方いましたら紹介しますのでコメントもいただけたらと思うのでブログでもツイッターでもご気軽にどうぞヽ(^。^)ノ



現場がわかる!電気工事入門 ー電太と学ぶ初歩の初歩ー【電子書籍】[ 電気と工事編集部 ]

現場がわかる!電気測定入門 ハカルと学ぼう!測定のキホン 宮田雄作/著


電気工事現場代理人入門 ー香取君と学ぶ施工管理のポイントー (現場がわかる!) [ 志村 満 ]





 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村