さてさて、最近はコロナの話も新しいネタを聞かなくなって警戒しつつも少し変化した日常が帰ってきました。
まぁ自分の現場は用途の性質上まだ人はあまり居なくて管理系や警備の人しかいません。
job_keibiin

緊急事態宣言が出ている間は協力会社の人達も定期点検の時は来館していましたが、確認事項で電話してみると「在宅勤務」という事で連絡がつきにくい事がありましたf^^;
shigoto_zaitaku_kodomo_man

ビルメンって契約先に人に点検表や報告書についていろいろ聞かれる事があるんですが時々自分達では分からない事を聞かれる事もあります。
もちろんそんな事がないように事前に「こんな事を聞かれるかもしれないな」という事は報告書等に記載してもらいますし、我々も勉強してはいますが、中には思いもよらない事を聞かれる事もしばしば・・・。
mensetsu_mensetsukan
そんな時は電話やメールで聞いたりします。

出来るだけメールで済ませようとはしますが担当者が他現場へ出ていたり契約先から急かされたりすると電話を掛ける事になります。
休暇を取っていたりすると流石に遠慮してメールで急ぎの旨だけは伝えますが、返信や折り返し電話が来るまでは気が気じゃないですね(><)
特に見積書や注文書関連は提出する形になるまでに社内処理等でも時間を食う上に迅速な提出を求められますから焦ってしまいます。恐らく契約先会社の中でも社内処理で急かされているからなんでしょうねf^^;
kaisya_phone_isogashii_man

他にも新しく作業を委託するにあたって設備や館内の現地調査をお願いする為に連絡する事もあります。
自分は今まさに現在やっていない機器点検を契約先に提案、あわよくば来年度の料金上乗せすべく協力会社に委託する為に現地調査の段取りをつけているところです。
書類仕事
もちろん金額によっては相見積もりが必要になるのでお願いする会社の数だけやらなければならないし、必ずしも調査してもらった会社にお願するとは限らないところが心苦しい気持ちですが・・・。

さてどうだったでしょうか?
協力会社と連絡取り合うところを取り次ぎ屋と揶揄される事もありますが、取り次ぎ屋をするにも相手に気持ちよく良い仕事をしてもらう為にコミュ力が必要になってきますね。

ではまた次回をお楽しみに~( ´∀)ノ

ビルメンで下位系列でも働きたい方いましたら紹介しますのでコメントもいただけたらと思うのでブログでもツイッターでもご気軽にどうぞヽ(^。^)ノ



現場がわかる!電気工事入門 ー電太と学ぶ初歩の初歩ー【電子書籍】[ 電気と工事編集部 ]

現場がわかる!電気測定入門 ハカルと学ぼう!測定のキホン 宮田雄作/著


電気工事現場代理人入門 ー香取君と学ぶ施工管理のポイントー (現場がわかる!) [ 志村 満 ]





 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村