こないだ自分の現場が終わった後に別現場に作業応援に行ってきました。

応援とは言ってもフルタイムではなくて、作業が終わったら直帰してしまえる時間でして、本来の現場が終わってからなのでその分は残業代が出ます♪

そしてその作業とは排水トラっプの清掃でした。
mizumore_rousui

このトラップというのは上の画像タイプだと排水管の上下に曲がりくねった所に水を
溜めて、下水道や排水槽側からの
におい・虫
が洗面台や流し台側に上がってくるのを防ぐ物です。
タイプはいろんな物がありますが、多分どこの家庭にもあると思います。

手順としては簡単なモノで、
1.トラップの後ろ側の袋ナットを外します。
   
これは少しレンチで緩めれば手回しでイケます。
20201028_1830261
そうすると袋ナットが上に上がるのでココの接続は解除されます。

2.次にトラップの排水口に近い部分の袋ナットも同じように外します。
20201028_183127

3.これでトラップは外せました。
20201028_183217
この時下にバケツを置いておかないと中に溜まっていた水で床が水浸しになります。


この後、これをシンクに持って行ってブラシやドライバーで管を突き破らないように擦って汚れを落とします。
写真は上げませんが引く程ヘドロが付いていたりするのですが、これはまぁ・・・・慣れるしかないですねf^^;

他にもトラップの上の直管や洗面台の排水口もドライバーで擦ってヘドロを落とします。
20201028_18342420201028_183347

後は同じ手順で元のように接続し直すだけです。
パッキンに注意しないと通水テストした時に、接続部から漏水するのでソコは注意してやる必要がありますが慣れればなんて事はないです。

そして今回はもう一つだけ追加作業がありました。
それは、
トラップの後ろ側の管の接続部が割れている物を交換する作業
です。
20201028_183621
この管、壁に入っている部分が意外と長くて、新品の管をこれに合わせて切断する必要があり、現場で金ノコを使って切りました。
20201028_194333daiku_nokogiri_kiru

思わぬ作業がありましたが、なかなかやらない事なので良い勉強になったと思います。
こういう作業はたまになら楽しいのでやっておきたいですね。


ではまた次回をお楽しみに~( ´∀`)ノ




現場がわかる!電気工事入門 ー電太と学ぶ初歩の初歩ー【電子書籍】[ 電気と工事編集部 ]

現場がわかる!電気測定入門 ハカルと学ぼう!測定のキホン 宮田雄作/著


電気工事現場代理人入門 ー香取君と学ぶ施工管理のポイントー (現場がわかる!) [ 志村 満 ]





 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村