さてさてタイトルについてですが、皆さんこれはどういう状況だと思うでしょうか?









ズバリ修繕工事の入札に負けた件についての事です(><)
money_dangou

通常であれば建物に修繕が必要になればビルメンが専門業者に見積もりを依頼してビルメンからの提案として契約先なりオーナーなりへ提出します。
そこから先方からのGOが出れば正式に受注としてその会社へ工事を注文します。
もちろん提出する段階で相見積もりは済ませておきます。
document_mitsumorisyodocument_hacchusyo

大概のものは発注する協力会社の変更はあっても我々ビルメンを経由しての修繕作業となるのでこんな状況になる事はほとんどありません。
しかし・・・・・・
それの金額が大きくなってしまうと提出先の会社の規定で
入札
という事になってしまうのです。

今回のケースだと長年不具合があるのになまじ使用できていた為に放置されていたとある設備を修理する見積もりを提出したところ、オーナーがGOを出したのですが金額が7ケタに達してしまい、その会社規定で入札案件となり、ウチでは落札不可能だったという事です。

これ自体は仕方ない事ですが、管理している建物の設備修繕に関与できないのはビルメンとしては忸怩たるものがあるのは事実。
しかし関与したところで我が社にとっては
金にならない仕事
です。
money_kechi_woman

同僚の一人は他社が落札したという事になった途端に、それに関する対応を契約先に依頼されてもノーリアクションを貫く姿勢にf^^;

いやまぁ金にならないからその対応も分からなくはないんだけどさぁ・・・
ちょっと露骨過ぎない?

ってな気持ちになったりします(><)
施工している会社は点検とかでお世話になっている所なのでそういう事されると非常に気マズイ(><)

そしてコチラとしては管理する建物の修繕ではありますが自分達が落札した訳ではない修繕なので修繕業者が何か危険な事やマズイ事をやっても注意や指導出来ない立場になります。
それは落札した会社の仕事なので変にちょっかいだすと
angry_fukureru_boy
筋合いがない
と面倒な事になりかねません。
この辺厄介なところです。
取引の公正さとか色々ありますがコンプライアンスがしっかりしているとこんな面倒さが出てくるんですね。

入札とか現場を取る時にしか関わらないと思っていましたがこんな事があるとはこれはこれで良い経験になりました。

次回からは入札にならないように上手く金額調整とかしないといけませんねf^^;

ではまた次回をお楽しみに~( ´∀`)ノ




現場がわかる!電気工事入門 ー電太と学ぶ初歩の初歩ー【電子書籍】[ 電気と工事編集部 ]

現場がわかる!電気測定入門 ハカルと学ぼう!測定のキホン 宮田雄作/著


電気工事現場代理人入門 ー香取君と学ぶ施工管理のポイントー (現場がわかる!) [ 志村 満 ]





 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村