こないだ警報対応でバカみたいな失敗をしました。
その日はよその現場への応援日勤だったのですが、もうあと数分で終業という時間に中央監視装置に警報表示が出ました。
space_kanseishitsu

内容は隣の建物のとある分電盤の一括警報
まぁ何か判らないけど何か起こってるよ
って警報ですね。
その時は久々の電気系警報対応で感覚を忘れて必要な物を持って行くという発想が抜け落ち、取り合えず現場に行くって考えしか持てませんでした。

走り回る

この時点で私はダメダメですね(><)
電気系警報と言えば
過電流
漏電
です。
原因は色々あるにせよ、この基本事項を知っていればテスターなりクランプメーターなりを持って行くのは常識中の常識なのです。
science_machine_testerscience_machine_clamp_meter

それを私ときたら・・・・・
早く帰りたいという潜在意識なのかすっかり頭から抜け落ちてしまい、現場に行ってから気付くという体たらく。
そして、ソコの盤の主幹ブレーカーは漏電表示の他に予告用のランプが・・・・。

本来ならその時にクランプを取りに戻るべきだったのですがランプ兼リセットボタンを押したら復旧して再発せず。
breaker_siwtch_woman

詳しく原因を調べる事もせずに引き上げてしまいました。

ココでもダメダメ振りを示してしまいました。
本来なら予告といえどもクランプでどの子ブレーカー系統か調べて、その回路の状態を確認すべきだったのに再発しなかったからと引き上げる・・・・・・ありえない・・・・。

ホントどうかしてます。

電気系警報を取り扱わない期間が長くなるとこうまで鈍くなるものなのかと空恐ろしくなります。そして
そんなビルメンには管理してほしくない
とも考えました。
これまでそれなりにトラブル対応してきましたが思い上がっていたのかもしれません。
改めて自省します。
joushi_buka_men3_gekido

どうだったでしょうか?
今回は鈍ったビルメンの愚かな失態という話でした。
多分こういう事はこれからもあるかも知れませんがキチンとい反省して同じ失態はしないように気を付けたいと思います。

ではまた次回をお楽しみに~( ´∀`)ノ




現場がわかる!電気工事入門 ー電太と学ぶ初歩の初歩ー【電子書籍】[ 電気と工事編集部 ]

現場がわかる!電気測定入門 ハカルと学ぼう!測定のキホン 宮田雄作/著


電気工事現場代理人入門 ー香取君と学ぶ施工管理のポイントー (現場がわかる!) [ 志村 満 ]





 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村