世の中いろんな理由でビルメンになる人がいると思います。
ただただ楽をしたい人
前の会社の仕事に疲れて少し一休みしたい人
マイペースに生きていきたい人
などなど。
それぞれ悪い事なんてないですが、ミスマッチがあるとキツい事になるのはどんな仕事でも一緒ですね。

しかしどんな理由でも良いですがビルメン会社に入る上で絶対に外してはいけない条件というものはあると思います。

それは・・・・
福利厚生が整っている事です。
68fad640b5b7a80cc51c1d37332a1262-1

給料が低いのは仕方ありません、これは業界全体で言える事なので今さらです。
最低賃金を下回っていなければ受け入れざるを得ない事です。
しかし上の画像にある法定福利厚生を備えていない会社は問題外です。
特に雇用保険がないところは面接に行く価値さえもないと断言します。
何故なら
もし一定期間勤務した後、何かの理由で辞めざるを得ない時に
失業給付金が貰えない
って事ですから。
pose_ng_man
それだとうかうか退職も出来ずに飼い殺しされてしまいます。
そんな反社会会社はなくなってしまえば良いと思います。
そもそも給料が安いのにその上福利厚生が整っていないような会社に価値があるでしょうか?
楽であるだけではとても釣り合いが取れません。


私はまだビルメンとしては1社目で他の会社は知りませんが他社はどうなんでしょうね?

職業訓練校を経て運良く?下位?とは言え系列系に就職出来ましたが、他の系列系や独立系の実情は分かりません。

しかし給料はともかく誰だって福利厚生はちゃんとしている会社が良いですよね。

しかしこう言うと
mensetsu_mensetsukan
贅沢だぞヽ(#`Д´)ノ
と言われるかも知れません。
ですがこれって当然の事であってこれがないのは
それ常識じゃねぇから
非常識だから
と言っておきましょう。
法定
の意味を考えれば解る筈です。
法で定まっている事をしていないのは違法です。
これを認識しておかないと搾取対象のままです(TT)

私も最近まで意識していなかった事ですが少ない給料でふと事故ったり働けなくなったりした時の事を考えるとゾッとしました。
今の会社の福利厚生制度を調べると家族の事まで考えてくれていて、ライフイベント毎にいろんな給付金や手当てが出て、まだ利用はしていないけどありがたいと思います。

以前いた大手(笑)警備会社はなんてセコイんだろうと思ったくらいです。
ちなみに今の会社の福利厚生について書いた記事はコチラ

どうだったでしょうか?
福利厚生については2回目の記事でしたが少しエラそうだったかも知れません。
しかし昨今コロナ禍や不況を免罪符に当たり前を当たり前と認識出来ない輩のような経営者が跋扈するご時世です。
いつ首を切られるか分かったモンじゃないですから最低限はキチンとした会社に入りたいですよねf^^;


ではまた次回をお楽しみに~( ´∀`)ノ




現場がわかる!電気工事入門 ー電太と学ぶ初歩の初歩ー【電子書籍】[ 電気と工事編集部 ]

現場がわかる!電気測定入門 ハカルと学ぼう!測定のキホン 宮田雄作/著


電気工事現場代理人入門 ー香取君と学ぶ施工管理のポイントー (現場がわかる!) [ 志村 満 ]



 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村