そろそろ第二種電気工事士の技能試験ですね。
この記事を書いている段階では未だに技能試験の日取りが発表されていなくて勤務予定表が完成出来ず、現場の所長からせっつかれて困っていますf^^;


さて、今回は技能試験テクニックについて書いてみようと思います。

とは言っても自分も一種を受けたのは5年も前の事、正直言って殆ど忘れてしまっています。
今回は思い出す為の物でもあるのでご承知おきの程をf^^;m(__)m

例によって私は資格試験を受ける時はYOUTUBE動画を参考にしています。
筆記試験であれば保存して自宅や出勤途中にイヤホンで聴いて暗記とかに使っているんですが今回は具体的な技術についてなのでしっかり視聴しなくてはいけません。

一種の時に観ていた動画はコレです。
渡り線の作り方なんかの小技もあったりして結構参考になると思います。

この間会社の研修所でやっている練習会に行ってきたのですが、なんとまぁものの見事にカンを失っていて、一番簡単な公表問題№1ですら59分掛かりました。
k22f-2021-010101
二種は制限時間が40分なので、こんなんに時間掛かっているようでは先が思いやられますね(><)

とは言えその時は№3までやったのですが2と3はまぁギリギリといった時間で出来ました。
忘れていたのはズバリケーブルを切る長さ、剥く長さでした。
アウトレットボックスについてはプラス10cm(ケーブル両端がボックスなら20cm)長く切って10cm剥くという事は覚えていたものの、ランプやコンセント、引っ掛けシーリングや圧着時や差し込みコネクタに差し込む時の電線の芯線を剥く長さとかをすっかり忘れていました(T_T)
特にランプはケーブルを剥くのはランプの直径に合わせるのは覚えていたけどそこから芯線を剥く長さを忘れていて時間を食ってしまいました。ねじ止めの輪作りの仕方はバッチリだったのになぁ(T_T)
輪作り

ビルメンの現場でも簡単な電気工事をする事がありますが割りとコンセントの増設やケーブルを壁や床に這わせてモールを被せるといった部分的な事の方が多く時間とか長さとかあまり気にしないのでこういう試験は緊張しますね。(長さは大抵長めに見積もる)
IMG_3502

IMAG0270[1]
ちなみにこれは職業訓練校に通っていた時に授業で作った物ですf^^;この時の工具はまだ持っていて試験ではこれらを使おうと思っています♪

どうだったでしょうか?

技術というものは使わなければどんどん鈍っていくものですが今回は資格手当てとかの収入に直結するので落としたくはないです。
同じ時期に受ける方々
DI_w4rcUIAA2lDz

ではまた次回をお楽しみに~( ´∀`)ノ




現場がわかる!電気工事入門 ー電太と学ぶ初歩の初歩ー【電子書籍】[ 電気と工事編集部 ]

現場がわかる!電気測定入門 ハカルと学ぼう!測定のキホン 宮田雄作/著


電気工事現場代理人入門 ー香取君と学ぶ施工管理のポイントー (現場がわかる!) [ 志村 満 ]



 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村