梅雨が明けてしばらく経ちましたが少し前までよく雨が降って洗濯物がなかなか乾かずにやきもきする日がたくさんありましたね。
皆さんどうお過ごしでしょうかf^^;?


さて、並みの雨なら良いですが大雨の日はビルメンもスケジュールが乱れる事があるので困る事があります。
shizensaigai_typhoon

その代表は雨漏りでしょうか。
house_amamori
以前ビルのトラブルという過去記事で漏水について書きましたが金が掛かるという理由で色んな不具合を放置していたり古い建物だと建物の躯体そのものにガタが来て、直してもすぐ別の所がおかしくなるという事が多々あります。
今の現場はまさに古い建物なので雨の度に天井に置いてある

アクアボーイ
の様子が心配になりますf^^;

今回は最近雨が多いのでそれに因む事を書こうと思ったんですが梅雨や台風が絡む大雨は厄介です。

ビルの屋上にはルーフドレンといって屋上に溜まった雨水を下水に流し込む排水口があります。
dr006
屋上でなくてもマンションの廊下にもこういうのを見た事がある人はいると思います。
大雨が降れば当然ここに雨水が流れ込む訳ですがココが枯葉や泥とかのゴミで塞がっていると雨水は適切に排水されずに周辺はプールの様になってしまいます。
台風などは天気予報などで事前情報があるので到来前にビルメンは掃除したりするんですがゲリラ豪雨なんかだと大慌てで確認しに出たりします。
ホテルに居た頃なんかは深夜の夜間作業中に大雨が来て急遽作業を中断して合羽を羽織って、ゴミ袋を持ち中層の屋上へタラップを使って降りてビショビショになって掃除をした事もあります(T_T)
あの時はタラップが濡れていて滑って転落するかと思いました(´Д⊂)
jiko_rakka

他には排水槽の満水警報が出たりしますがこればっかりはどうしようもありません。大雨に起因するものならその時点で既にポンプはフル運転しているのでポンプに頑張ってもらうしか警報には対処出来ません。

が、雨水を雨水槽や湧水槽に流し込む配管は地下で何か所かで合流しているものです。
施工の仕方によっては合流地点で地上から点検の為に覗ける蓋が設置されている事もあるのですがこういう物を付けている場合は水圧で蓋がハネ上がって溢れる事があるので土嚢なんかで重石にして押さえたりもします。
manhole_taku

こういう対処などは当然月々の作業スケジュールには元々組み込まれていない事なのですが災害が発生したら対処しない訳にはいきません。
なので、その日に予定していた作業なんかは中断になりますが契約として実施はしないといけないので中止には決してならず、別日に改めてする事になります。
しかし、人員的や月の作業日数に余裕がある現場なら良いですがスケジュールがギチギチな所だとかなりキツい事になるでしょう(><)
もしこなせなかったら契約不履行になって叱責で済めば良いですが下手すれば解約されてしまいます。
書類仕事joushi_buka_men3_gekido
管理契約の料金は月々の作業一つ一つにちゃんと決められていてさらにそれを12等分した金額が会社に支払われているので未実施の作業があれば当然会社にお金は入らないので赤字になります。
そうなれば
ボーナス少ねぇなぁ
とか愚痴を言える身ではなくなりますねf^^;

自分達もなるべく屋上に出る機会があればルーフドレンの状態を確認したり排水障害になるような芽は事前に潰しているつもりなのですがまだまだ不十分な気がします。

敷地が道路より低いと敷地内に流れ込んで来る事もあるので早めに土嚢で流入路を塞いだりもしますが結局は場当たり対処に過ぎませんし、何か良い事前対応はないものでしょうかf^^;?

どうだったでしょうか?

今回は大雨対応についてかなり大雑把に書いてみました。
こういう対応については警備さんや清掃さんの方が処置は上手いような気もします。
今度お話を聞いてみようかなぁ♪

ではまた次回をお楽しみに~( ´∀`)ノ




現場がわかる!電気工事入門 ー電太と学ぶ初歩の初歩ー【電子書籍】[ 電気と工事編集部 ]

現場がわかる!電気測定入門 ハカルと学ぼう!測定のキホン 宮田雄作/著


電気工事現場代理人入門 ー香取君と学ぶ施工管理のポイントー (現場がわかる!) [ 志村 満 ]



 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村